最新情報   |

天津必威精工集団股份有限公司
天津市金涞精密機械有限公司
電話番号:
022-29636000 022-29637999
FAX:022-29636889

天津市臣涛精密機械設備有限公司
電話番号:022-29572021
FAX:022-29570176

天津必威産業ロボット応用技術研究有限公司
電話番号:022-59997700
FAX:022-59997711

徐州必威精密機械有限公司
電話番号:0516-87980658
FAX:0516-87987568

グループニュース

金融で企業に翼を付けさせよう ——必威精工グループがファイナンスリースを利用し発展のボルトネックを突破

発布日付:2016-4-7 10:36:36 作者:黄志偉 岳付玉   由来:天津日報

金融で企業に翼を付けさせよう——必威精工グループがファイナンスリースを利用し発展のボルトネックを突破  黄志偉 岳付玉

ファイナンスリースを言うと、多くの中小企業はまだ五里霧中にあるかもしれません。でも十数年前から、宝坻のある民営加工製造企業は何社の国内外ファイナンスリース会社と付き合って、あわせて27件のファイナンスリース業務を完成し、6000万元以上を融資していました。それによって企業の規模がますます大きくなり、価値も高くなって、今は上場準備もしています。この企業はどのようにしたのでしょうか。

「そんなことは珍しくもない。住宅ローンの考えを受けられれば、ファイナンスリースを受けられて、両方の感じはほぼ同じです」と電話で必威精工グループの財務主管蘭宝剣さんは宝坻なまりの標準語で話しました。こんなに簡単でしょうか。ジャーナリストは必威精工の根拠地へ由緒尋ねを決めました。

昨日の午後、ジャーナリストは都市から車をかけて宝坻へ出発し、高速道路を降りてから、また20kmぐらいの田舎道路を走って会社所在地の牛家牌開発区に到着しました。遠くから望むと、田野樹林に遮られた工場は多少寂しいと感じさせたけど、工場に入って、事務棟や作業場がきれいで、秩序が整然としているのを見て、人を奮い立たせ、合弁会社とか外資企業とか思われたのは当然なこととなりました。ジャーナリストは崔超副総経理の案内で生産作業場に入って、見られたのはほとんどドイツ、日本及び国内知名メーカからの「大型」精密加工センターやNC旋盤などで、一部設備に「ファイナンスリース設備」の銘板も付けています。「わがグループの40%以上の設備はファイナンスリースを通じてレンタルしてきました」と代表取締役社長崔雅臣の息子である崔超は話して、彼は会社の情況に詳しいようです。近年来、宝精工は設備への投入総額が2億元を超え、現在800台/セット以上の国際進んだ加工センターやNC旋盤などを所有し、それ以外に50台/セット以上の進んだ品質測定設備も持っています。

作業場の中で、従業員は一糸乱れなく各形状、各タイプの精密部品を加工していて、これらの部品は飛行機や自動車、汽船に組み付けるものもあるし、風力発電設備や火力発電設備に組み付けるものもあって、また、工業用ミシン、農業用機械に欠けないものもあります・・・・・・同会社は現在十数社の世界トップ500企業と長期付合い関係を結び付けて、製品は自動車、圧縮機、宇宙航空などの14業界に及ぼして、精密部品の種類は7000あまりがあって、去年の生産額は3億元に近かったです。当初7、8人で、数千元、古小学校教室数軒から発展してきたのが分かれば、だれでも感心するでしょう。

あらゆる中小企業のように、宝精工は発展過程において、何回も資金足りない問題に当たりました。毎回にファイナンスリースによって窮地を脱したと崔超は話しました。加工製造企業に対して、各種の高精密加工設備が命ような存在で、設備を買うのに大きな投入が必要です。すべて全額で購入すれば、占められた資金が多すぎて、会社の流動資金に影響を与え、しようとすることもできなくなります。同業界で大型設備を購入するのに資金チェーンが断裂し崩壊した企業があって、注文があっても余計な金額はなく生産できない企業もありますし、進んだ設備を購入できなく元の古設備を持ったまま発展できない企業もあります。

会社最初のファイナンスリース業務は10年前に発生し、NC旋盤及び加工センターを購入するのに611万元がかかりました。設備サプライヤーは調達金に悩んだ我々を見て、ファイナンスリースを薦めてくれて、「我々は検討の上、この方法がいけると思いました。気に入る設備は値段を決めてから、リース会社によって購入し、又、リース会社から設備をレンタルして、ローンで設備購入金をリース会社に返済します。これで資金圧力はなくなって、思った通り多くのことができるようになりました」と財務主管蘭宝剣ははっきりと覚えています。

近年来、多くの中小企業は宝精工へファイナンスリースを良く利用する経験を尋ねにきて、「それは最初聞いた時に奥深いようですが、実は極めて簡単です」と蘭宝剣は例えて言いいました。住宅を買う時に銀行から住宅ローンを取り扱うように、企業は注文を受けて設備(個人が住宅を買うのと類似して)を急いで購入し生産を拡大しようとする時に、全額で購入すれば難しくて、全額支払うことができても、大量の流動資金を占めて生産に影響を与える時に、リース会社(銀行と類似して)にまず設備を買ってもらって、企業はローン(毎月返済)でリース会社に返済します。

精工に対して、ファイナンスリースは流動資金を活かせるだけではなく、操作も銀行からの借金より便利で、レンタル契約の結びは一回で3年、5年しいて8年も構いません。銀行からの借金なら普通1年以内の流動借金だけで、企業は完済と再借金を繰り返しなければなりません。それ以外に、抵当物を重視する銀行は中小企業の購入設備を抵当物と認めないから、仕様はないのでリース会社を選ぶほかはなく、リース会社は企業の成長性と販売契約書に重視していますので。(次のページへ続く) 

(前ページより)

ファイナンスリースは必威精工にもたらしたメリットは見えて、感じられます。ジャーナリストは会議室の壁全体に各種証書をかけているのを見ました:優秀民営企業、ハイテク「小巨人」、天津市科学技術進歩賞、納税A類企業・・・・・・。ベテランの社員はジャーナリストに、長年にわたってグループの優秀人材の流出がほぼゼロで、なぜだと思われますか。人間性的な管理のほかに報酬激励です。宝精工のお客様の忠実度が非常に高くて、ちょっと伺うと分かるように、会社はお客様への支払いを滞ったことは一回もなく、そして氾濫した「連鎖債務」もありません。技術開発への投入も惜しまなく、最初のミシン部品だけ製造できたから、現在の自動化高精密専用設備を自主設計、開発、製造できるようになって、累計で特許475項を出願し、商標4項を登録したと告げました。

必威の社員が誇ったのは、ほかの企業が製造できない部品は、必威精工ができて、又、品質が高くて信用もよく、だれでも取引したがって、お客様は雪達磨式に増え、注文書はますます多くなりました。ちょっと辺鄙気味の田舎にあるけど、会社は注文に悩んだことはありません。こうしてよい製品と信用は又、お客様や注文書の増しをもたらしました。それに応じて設備を常にアップグレード必要があって、注文書を持っているので、リース会社を通じて「購入の代わりにレンタル」方式で設備を更新できるようになりました——宝精工は相次いで日本三井住友、DBS銀行、台湾仲利国際、万向リースなどの多くのリース会社から支持を受けています。進んだ設備があるこそ、企業の生産能力及び製品種類はさらに高められて、より多くのお客様、より多くの注文書をもらえて、良性循環となりました。蘭宝剣はジャーナリストに、会社は今年政策ボーナスをよく利用して、ファイナスリース方式で更なる設備を購入するつもりで、今のところ、上場訓練期にあって、「全国中小企業株式移譲システム」市場で上場するつもりで、その後メインボード市場に進出しようと告げました。

精工の「小昇高」、「弱転強」の経歴は我々に、住宅ローンのような金融手段が中国住宅市場を活かさせ、億万家庭に早めに住宅夢を実現させたように、ファイナンスリースなどの金融パワーをよく利用できれば、同様に中小企業の発展にテークオフの翼を付けられると伝えました。